ユーモア溢れる人は、冗談の使い方が上手いです。

 

その反面、冗談が全く通じない人もいます。

 

冗談は相手との距離を縮める上で、大変有効な武器になります。

 

冗談を上手く使えば、人間関係を円滑に進めることができます。

 

しかし、使い方を間違えば、人間関係を壊してしまうことにもなりかねません。

 

 

 

冗談を言って場を和ませ、相手との距離を縮めるのは、会話の常套手段ですが、冗談が意図せぬ意味にとられることもあるでしょう。

 

冗談か本気なのか、判断に困るような、誤解を招いてしまうジョークは失敗です。

 

今のは冗談だと相手に説明しなければならないジョークなら、言うべきではないのです。

 

 

 

米国では、毎年恒例でジョークをいうイベントがあるそうです。

 

このイベントは、庶民だけではなく、大統領までもがジョークをとばし聞き手を笑わせる事に努めます

 

なんともアメリカらしいイベントですね。

 

 

 

今の日本には、冗談で済ませられる人が少ないように思えます。

 

冗談が社会問題化することもしばしばあります。

 

全てをジョークで済ませるのも問題ですが、些細な事を深刻に受け止める風潮もよいとは思えません。

 

許容範囲の広い心が豊かな人になれるように、日々楽しいことを考えながら生活したいですね。

更新履歴